<DIOR BACKSTAGE>ディオールバックステージのアイシャドウパレット002が優秀すぎる!

こんにちは!Romiです。

今日は先日購入したディオールバックステージのアイシャドウパレット002のカラーをご紹介しますね。

<DIOR BACKSTAGE>ディオールバックステージのアイシャドウパレットとは?

ディオールバックステージとは、ファッションショーや撮影現場のバックステージから誕生したコスメラインです。

どんな人でも簡単にプロのようなメイクの仕上がりを実現できる、というのかディオールバックステージのコンセプトです。
確かに商品ラインのカラー展開はどれも使いやすそうなものばかり!

特に人気なのがアイパレットで、2色展開をしています。

001ウォームと002クール
今までとは違うデザインのアイシャドウパレット。中身はアイシャドウベースを含めて9色のシャドウが入っています。
BAさんには横か斜めの3色を使うと良いグラデーションになると教えてもらいました。
今日は私が購入した002のメイクをご紹介します。

<簡単にプロの仕上がり> ディオールバックステージアイパレット002を試してみた

では、私が実際に使ってみたアイパレット002のご紹介です。

まずはカラーのスウォッチから。

こんな感じで、1と4には軽くラメが入っています。
2、5、8はアイブロウにも締め色にも、アイブロウにも使えるカラーです!

 

動画でのスウォッチはこんな感じ。

続いて実際にメイクしてみました。

まずは、1、2、5のカラーを使ってのメイク。(すべて左上のアイシャドウベースを一番下に塗っています。)

落ち着いたブラウンピンクといった感じのカラー。2の色にラメが入っているのでツヤツヤした目元になります。

続いて、3、4、5のカラーを使ってみました。

4にのカラーには、1と同様にラメが入っていてよりピンクに近い色をしています。
こちらのほうが先ほどの組み合わせよりもピンクが少し強いのでかわいらしい印象になります。

今度は、一番下の段の6、7、8の3色を使ってみました。
この3色はマットな印象になりました。
普段マット系のアイシャドウは化粧が濃く見える印象があるので使わないのですが、これならナチュラルな目元に!

 

 

以上、ディオールバックステージアイパレット002のご紹介でした!
001のカラーも購入しようと思っているので、またその紹介記事も書こうと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください